PT.AKS PRECISION BALL INDONESIA

株式会社天辻鋼球製作所 日本本社ウェブサイト

会社概要

ごあいさつ

代表取締役社長

弊社ホームページにアクセス下さいまして誠にありがとうございます。
代表取締役社長の今井 唯詞でございます。

PT. AKS PRECISION BALL INDONESIAは、AKSグループ3番目の海外工場として2001年2月より生産を開始し、家電、二輪、自動車向けのベアリング用鋼球をアジア・アセアンを中心に供給して参りました。

2013年には工場を拡張し、更なる生産および販売の拡大を図っております。

経済成長著しいインドネシアの中で、我々PT. AKSもお客様からのご要望の声にこたえるべく、より良い製品・サービスの提供に努め、これからも時代の変化に対応し続けて行きたいと思っています。

今後ともPT.AKSの鋼球をご愛顧頂けますようよろしくお願い申し上げます。

会社概要

会社名 PT.AKS PRECISION BALL INDONESIA
取締役社長 今井 唯詞
Tadashi Imai
住所 Kawasan Industri MM2100 Blok N8-9, Gandamekar, Cikarang Barat, Bekasi 17520
代表電話 021-89982248
設立年月 2000年4月(生産開始 2001年2月)
資本金 USD 33,609,000
株主 日本精工株式会社(NSK Ltd)
株式会社天辻鋼球製作所(Amatsuji Steel Ball Mfg.Co.,Ltd.)
従業員数 224名(2017年3月現在)
第二棟 生産開始日 2013年9月
工場敷地面積 第一棟 : 土地面積14,800㎡ (建屋面積 8,018㎡)
第二棟 : 土地面積14,375㎡ (建屋面積 7,271㎡)
主な取り扱い商品 スティールボール(SUJ2)、樹脂保持器
主な取引先 NSKグループ、JTEKTグループ、NACHIグループ、SKFグループ、SCHAEFFLERグループ 

日本本社・世界各拠点

本社写真

1920年の創業以来、天辻鋼球製作所(AKS)はスティールボール業界のリーティングカンパニーとして、世界の技術向上に貢献するようグローバル展開を積極的に進めています。

日本本社・世界各拠点につきましては、本社Webサイトをご参照ください。

access

インドネシア工場の写真

Kawasan Industri MM2100 Blok N8-9, Gandamekar, Cikarang Barat, Bekasi 17520
TEL : 021-89982248

MM2100のエントランスより旧LG様を左、PARAMOUNT BED INDONESIA様を右、HOGY様を左に入って進んで頂きますと右手に弊社工場入口がございます。
第一棟、第二棟は同じ敷地内にございます。